developmental disorder diary

24歳で発達障害が判明した人間による雑記です。感情的な痛みの訴求ではなく、なるべくどうしたら良いかを考えていこうと思います。生きづらいけど。追記:「Developmental Disorder:発達障害」よりも「Autistic Spectrum Disorder:自閉スペクトラム症」という呼称がより適切でした。

なんだかな

舛添要一 リタリンに”麻薬”という汚名を着せ、2007年10月23日から2013年12月10日まで発達障害者の社会生活を脅かした”元・厚生労働省大臣”

舛添要一が辞任したこと大変喜ばしく思います。 news.livedoor.com 一人の発達障害者として、”舛添要一”という為政者について思うところを書き連ねようと思います。 私が舛添要一を嫌悪している理由 処方箋を詐取しリタリン(メチルフェニデート)をかき集め…

空想に耽る教育者

児童4人が骨折をしたニュースが発端となり、ここ最近では”組体操”が話題になっている。 私はこの”組体操”を肯定する、もとい独り善がりな思い込みと自己満足のために児童を危険に晒すことを肯定する人たちが不愉快で仕方ない。 上記の様な人たちは一度自身…

うつがふたたび

騙し騙し生きてきましたが、ここの所またひどく厭世的な気分に溺れることが増えてきました。 例えば、この国は未熟なまま年老いてしまっているがため、もはや新陳代謝が行われておらず若い世代を腐らせ、生命は等しく尊いなどという江戸時代の価値観がまかり…

ふと昔のこと

なぜか学生時代の夢を見た。学生時代の夢というより学生時代に過ごした土地の夢だった。 私にとってそこは地元という認識なのだけれど、今や僅かな知り合いがいるだけで後は色々と様変わりしてしまい、昔よく歩いた道もよそよそしく感じたのを思い出した。 …

ヨーロッパ行ってみたい(年単位で)

日本でなんとなしに生きていると、何かと長時間労働で楽しくないので、勤務時間が短いらしいヨーロッパ諸国に惹かれます。 日本の労働環境はよろしくないとか、そういう噂も聞くのでいつか試しに旅行も兼ねて数年間くらい住んでみたいなと思っている訳です。…

現在地から目的まで

鬱になると部屋が散らかる。 部屋が散らかると足元に気を付けて歩くので歩くとストレスが付いてくる。 歩くのが嫌になるのでじっとしていると、じっとしていてもストレスが解消されないので外出しようかと考える。 だけど外出するのも億劫なので「部屋を片付…

生意気という表現はたぶん危険信号

漠然とした印象から「生意気」や「舐めている(あなどっている)」という評価をします。 上記を子供同士で言い合っているのであれば思春期特有の心象による、自然な傾向だと思います。 しかし、これを知識も教養もある成人が用いた場合、その人の精神状態は…

ただいまデパス

リボトリールの離脱が辛くて、またデパスを飲んでいる。 正直、世間的にメチルフェニデートは覚せい剤で依存性も嗜好性も非常に強くて危険みたいに言われているけど、実際はマイナートランキライザーの方が嗜好性も依存性も離脱の辛さも強いと思う。 どうも…

リボトリールの離脱:体感で薬を判断してはいけない

現在、リボトリールの離脱の真っ最中。薬が持つ副作用を軽視していたお粗末さに自己嫌悪が止まらないので、どうしてこうなったのかをぐちゃぐちゃ書きます。 デパスからリボトリールへ 以前通っていたメンタルクリニックから、発達障害の診断をしてくれた病…

なかなか苦しい、ベンゾの離脱

とりあえず朝おきれないので寝る前のリボトリールを中断した。 さすがにもう半年くらい飲み続けていただけあって、いくら弱い薬でも離脱で体が変な風に強張るのと少しの頭痛が辛い。 以前、一年くらい毎日デパスを1〜3mgほどを毎日のんでいたのを中断したと…

どうやら鬱をこじらせたようで

ここのところ休みの日に布団からでる事ができなくなっている。 何事にも意味を見いだせず漠然とこれからどうしようかと考えている様でぼーっっとしている。 人生なんていう現象に特にこれといった意味なんてないけど、その現象に対する選択肢はあるので、ど…

嫌な記憶が頭を埋める

よく過去の失敗や罪悪感が思考を占有します。そうすると独りでもんどり打つ事になり、変な独り言を喚くことになり、非常に辛いです。こういう時はデパスを飲むのですが、半年くらい連用した結果、体に力が入らなくなり離脱に苦しみながら服用を中断した過去…

発達障害の薬について

発達障害には根幹的な治療法が存在しないため、対処療法的に薬で症状を緩和するしか対策がありません。 私が試した薬について、私の感想を書こうと思います。 下記はあくまで私個人の感想です。 こんな人もいるんだな程度の気持ちで読んでください。 あと、…